2007年05月06日

リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法

多くの人が、「インバウンドリンクとは、実際的な努力をしてようやく獲得できるもの」という誤った考えを持っています。

他サイトのWebマスターを探し出し、頼み込んで、説得して、やっと手に入るものだと信じているのです。



リンクを獲得する方法はこれだけではありません。





その1つに「リンク誘導」があります。

良質な記事生成することによって他のWebマスターの注意を惹きつけ、自分のホームページにぜひとも追加したいと思わせる方法です。

あなたのアーティクルを気に入り、どうしても欲しいとなれば、リンクを設定する以外にありません。

あなたは、バックリンクをみごと獲得できるというわけです。







リンク誘導とは



リンク誘導は、その概念自体は難しいものではありませんが、実現するのは大変です。



考え方としては、以下の特長を備えたコンテンツ記事・ページに掲載するというものです。



1.非常に有益である

2.しっかりとして読みやすい文章で書かれている

3.興味深い内容である

4.記事自体、および記事が伝えようとしている情報に独自性があり、Webの他の場所では見つけることができない





一般に言われているように、ある意味、リンク誘導は、他のWebマスターを抵当に取るような方法です。

あなたは、他のWebマスターが欲しがっている記事を所有しています。

他のWebマスターたちがその記事を欲しがっていることを、あなたは十分に承知しています。

しかし、記事は与えません。Webマスターがあなたのコンテンツを手に入れるには、あなたのウェブサイトへリンクするより方法がありません。







リンク誘導が有効な戦略である理由



最終的な目的は、オンライン・ビジネスに役立つ自動化システムを確立することです。

現在のように、手間ひまをかけ、リンク・パートナーを自分で探していたのでは、とてもこの目的を達成できません。

必要なのは、良質なリンクという「餌」です。この餌をまいておけば、数日後には多数のリンクを獲得することができます。



これがリンク誘導です。頼みは優良なコンテンツです。

あなたのコンテンツは常にあなたのホームページに存在するので、世界中の人々がいつでも閲覧できます。

そのコンテンツに興味のあるすべてのWebマスターが、あなたのコンテンツを選択することができるのです。







リンク誘導販売促進に関する重要な考慮点



リンク誘導は「魚釣り」とよく似ています。ただし、釣るのは魚ではなく、リンクです。

獲物は他サイトのWebマスター、ルアーはあなたのコンテンツです。





魚釣りの場合と同様、重要なのは最適なスポットを見つけることです。

したがって、検索エンジン最適化対策が必要になります。



他サイトのWebマスターにあなたのホームページを見つけてもらうには、やはり、検索サイトを使用するのが一番です。

検索サイトの結果ページで、あなたのWebページが上位に掲載されるようにする必要があります。



しかしこれは、「ページランクを上げるために良質のリンクを収集する」というリンク誘導の目的と矛盾しないのでしょうか。



「イエス」でもあり、「ノー」でもあります。



リンク誘導は、PRの向上のみを目的とした戦略ではありません。高いページランクを維持するための戦略でもあります。

高いページランクは、サーチエンジンポジショニング対策および堅実なリンク獲得対策を通じて実現できます。しかし、こうした対策を永遠にとり続けるわけにはいきません。

そこで、PR維持に必要なリンクを簡単に獲得できる、リンク誘導が重要になってきます。



既に、次のようなさまざまな種類のコンテンツがリンク誘導で利用されています。



・報道価値があり、他のホームページが伝えていない画期的な情報

・普及を目的としたユーモラスなコンテンツ

・常に需要のある「ハウツー」コンテンツ

・既存のパラダイムを攻撃し、斬新な意見を提示しているコンテンツ
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ブログにおけるread moreの重要性

ブログの普及は、ネットにおける個人メディア化を急速に早めました。

今や、個人の情報発信ツールと言えば誰もがブログと答えるでしょう





そんなブログの「read more」(もっと読む)についてのお話です。





何の為のread more?





read moreは、アイテム(コンテンツ)が長くなった時に途中で区切る為に使われます。





何故?途中で区切る必要があるのか?



あなたのブログをトラフィックしたヴィジターが、貴方の最初のコンテンツを見て、もし満足しなかったら、その時のヴィジターのアクションは決まっています。



そうブラウザの戻るボタンやホームボタンを押して別サイトへと、クリック一つで飛んでいってしまいます。

Aさんにとっては、非常に情報価値が高かったとしてもBさんにとっては、とても退屈な情報でした。





あなたは、Bさんが、別のサイトへ飛んでいってしまう時に「ちょっとまって!」と叫ぶ事は出来ません。





Bさんを繋ぎとめる、たった一つの方法は?





一つ一つのアイテム(コンテンツ)を一定に保ち区切っていく事です。





なぜ?



貴方は、毎日配置が替わる新聞を読みたいですか?

きっと9割の人が読みたくないと答えるでしょう。



だからこそ、Bさんを繋ぎとめる最良の策は、すぐに2番目のアイテム(記事)を目にしてもらうという事です。



read moreが無ければBさんに退屈な記事を永遠と読ませる結果となります。

Bさんは、二度と貴方のブログには、戻ってこないかも知れません。
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

バックリンクに関する5つの重大な俗説

検索エンジンの最適化販売促進に関して、わたしたちは皆、インバウンドリンクの重要性を理解しています。

しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。



事実は、一部のリンク方式が検索エンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。

具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。





1.開設したばかりのWebサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。

新しく作成されたホームページに多数のインバウンドリンクが張られている

検索サイトはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、“レッド・フラグ”と見なします。



短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。

これは、多くの人が信じている、健全なコンテンツMarketing戦術とは正反対です。

つまり、できるかぎり毎日、コンテンツを発行する方法です。

取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度コンテンツを発行することです。



検索サイトのレーダーに引っかからないように、インバウンドリンクの増加を制御してください。

ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいホームページにのみ適用されます。

数年前から存在する古いウェブサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。







2.相互リンクはトラブルありませんが、あまりに多すぎるとウェブサイトにペナルティが課せられます。

検索サイトは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。

検索サイトスパイダーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。

良質なアーティクルが認められ、本当に必要とされてインバウンドリンクが設定されるのではなく、単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。

また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のウェブサイト製作して、自分でリンクを設定するケースもあります。







3.リンク・ページに記載されているリンクは、アーティクル本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。

異なる種類のリンクが掲載されているページには、インバウンドリンクを配置しないでください。

目指すべき最もよいことは、アーティクル自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。







4.ページランクが同様に高い複数のウェブサイトで管理されているリンクは、危険です。

ほとんどのWebマスターは、PageRank5以上のウェブサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。

しかし、それらすべてのリンクが高ランクのウェブサイト・グループから張られている場合、検索サイトは、単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。

PageRankがそれぞれ異なる、さまざまなウェブサイトからリンクが張られるようにしてください。







5.同様に、記述が同じであるリンクも検索エンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。

リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。

これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであると検索サイトが判断するようになります。



検索エンジン最適化(SEO)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。

これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。

読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。







では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。



つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。

どのサーチエンジンポジショニング手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。



私たちが見聞きするルールは推論の結果です。



サーチエンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索サイトの関係者だけです。



そう、サーチエンジンポジショニング手法はすべて推測にすぎません。



あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

タグに関する情報とインタネットマーケターにとってのタグの役割

タグは新しいキーワードです。

ここで言うタグとは、オンラインコミュニティなどの中で人の手で付けられたキーワードの「記し」の事を指します。



ブログディレクトリ、ヴィデオリポジトリ、ソーシャルコミュニティのどこにでもタグを見かけます。

タグは多くの場合、邪魔内のワードのグループとして示されます。

一番ホットなタグは、大きめのフォント、明るめの明暗度で表示されます。

一方、あまり人気のないタグは、小さめのフォント、薄めの色で表示されます。



しかし、厳密にいうと、タグとは何であり、なぜ注意する必要があるのでしょうか?



タグは単に目新しいだけのものではありません



タグは、検索エンジンが行っていた機械的なインデクシング(索引付け)と正反対のものとして数年前に導入されたもので、実際のインタネットユーザーが、自身の適切な格付けに従って記事を正確に分類できるようにする手段です。





サーチエンジンは、インタネット上のすべてのウェブページをかきわけて進むロボットのような小さな生き物である検索エンジンクローラーによって動いています。

これらのスパイダーは、検索エンジンがあらかじめ定義したアルゴリズムに従って、ウェブページを索引付けします。



このプロセスは、人が識別することなく、自動的に行われます。

すべて、黒か白かはっきりしていて、グレーのあいまいな部分が入る余地はありません。



したがって、一部のページが誤って索引付けされる可能性がありました。

検索エンジン検索エンジンロボットは、結局のところ機械であり、索引付けをしている記事の真の意味をレビューすることはできないのです。







「タグを取り入れる事がヴィジターにどんなメリットを与えているか?」



タグを使用しているホームページは、人々が、タグで索引付けされている適切なグループに従って、特定のページを分類できるようにします。たとえば、昆虫防除に関するホームページは、訪問者やウェブマスター自身が「農薬」や「殺虫剤」というタグで索引付けすることができます。

こうすることで、他の人は簡単にそうしたウェブページを見つけることができます。







マーケティングにおけるタグの利点」



タグは、インタネットビジネスマンにとって有益なものになりました。



それには、2つの理由があります。



1.ウェブサイトを、適切なタグの下に格付けすることができます。

こうして、それらのウェブサイトを見なければならない人が確実にそれらのWebサイトを見つけられるようになります。

さらに、タグ付けシステムに従って、最新版のウェブページが検索結果の一番上に表示されます。



このように、タグ付けは、新しい記事の追加を促進します。また、タグにより、熟練インタネットマーケターは、自分のウェブページを定期更新するだけでホームページをかなりうまく配置できるようになります。





2.タグは、マーケットリサーチの優れたツールとして役立ちます。

ホットタグは、極めて明瞭に表示され、システムは驚くほど最新の状態を保ちます。

ホットタグはリアルタイムで表示され、内部ランキングの変更は即座に反映されます。

したがって、ホットなニッチを探しているインタネットマーケッターは、現在一番ホットなタグを調べるだけで済みます。







「タグの応用例」



現在、タグはさまざまな用途で使われています。

タグを研究することで、オンラインビジネスマンはこの新技術を十分に利用するための必須知識を確実に取得し、オンラインビジネスの成功のために利用することができます。





1.タグは、ブログディレクトリで、新たに発行されたエントリを正しく分類するために使われています。



2.タグは、ソーシャルネットワーキングWebサイトで、同じ興味や情熱を持つ人々が相互参照するために使われています。



3.タグは、マルチメディアリポジトリで、ユーザーが探しているオーディオやVideoファイルを簡単に見つけられるようにするために使われています。







専門家によると、数年のうちに、インタネット使用者が選ぶ情報検出法として、タグが検索エンジンに取って代わるだろうとのことです。

タグ付けシステムは、人間の能力を利用して実装されているため、さらに確実で信頼が置けます。



また、タグ付けは速い速度で行われます。1ページを正しく索引付けするのに何日も待つ必要はなく、瞬時に行われます。

エントリを発行したことをタグ付けシステムに知らせると、あなたのウェブページはすぐに正しいジャンルに表示されます。



利用者参加型のオンラインコミュニティが情報の集積分類に貢献し結果としてサービスの向上に繋がるという好循環を作り出します。

これがウェブニーテンレイの大きな特徴の一つであり、企業の成功モデルとして確立されています。


posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

スクイーズページという言葉を耳にしたことがありますか?

スクイーズページという言葉を耳にしたことがありますか?





スクイーズページを定義してみると:



スクイーズページの唯一の役割は、あなたのホームページ訪問者のコンタクト情報をスクイーズ(搾り取る)することです。この時に重要なのは、彼らがあなたのセールス文を見る前に彼等の名前と電子Emailアドレスを提供することに絶対に拒否できない、催眠術にかかったように、あなたの求めに応じてしまうような説得力のあるピッチを実現することです。





英語圏では極めて強力なオプトインリスト収集手法として大活躍しています。





例えば、あなたが新商品をリリースするとき、普通はダイレクトにセールス文へと訪問者を誘導しますね。





でも、スクイーズページを使った場合、まずは訪問者の名前と電子Emailアドレスを入力してもらわないとセールスレター自体を見せない手法です。





利点としては、冷やかしのお客を邪魔してセールスレターのコンヴァージョンレートを上昇させるだけではなくリストの構築も実現することです。





リスト登録してくれた訪問者は、真剣にあなたの提案を読みたい人々です。何らかの理由で今日、商品を購買しなくても、フォローアップを電子メールで適切に行えば注文者になっていただく確率は高いものとなります。





しかし、残念ながらこのスクイーズページのノウハウについて書かれたeBookはまだ見当たりません。そこで、わたしが、無料eラーニングコースとして説明書とスクイーズページのHTMLテンプレート35個を提供する準備をしています。





このマニュアルと35個のひな型を誰よりも早く手に入れたい方は下記サイトに登録することをお勧めします。



究極のスクイーズページ:

http://www.squeeze-page-secret.com/


posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

サーチエンジンフレンドリーなウェブページの作り方

アクセスアップの基本は人が読みやすいウェブページの生成を心がける事です。



SEO=機械対策ではありません。



グーグルをはじめとするロボット型サーチエンジンのアルゴリズムは、ウェブページを構成しているHTMLタグを解析して、そのウェブページにどんな情報が含まれているのかをデータベースにインデックスしていきます



HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語です。

分かりやすく言うとあなたがいつもネットサーフィンする時に使用するソフト、IEーなどのウェブブラウザで表示出来るように記述する為の言語です。



現在では、HTMLタグを一から学習しなくてもウェブサイトビルダーやドリームウィーバーといったウェブオーサリングソフトを使えばワープロ感覚で見栄えの良いウェブページを簡単に作る事が出来ます。



HTMLには、ウェブページを構成する視覚的な表現を記述する為のタグがいくつも装備されています。



・そのページがどんなウェブページであるかを明確にする為のタイトルタグ

・文章の見出しを書く時に用いるタグ、重要な単語を表現する為のボールドタグ

・大事な所は目立つ色や大きめの文字で記述出来るようにフォントというタグ

・その他、ウェブページとウェブページを繋ぐ役割を果たすアンカータグなど



があります。





グーグルをはじめとする検索サイトアルゴリズムは、これらのHTMLタグや文脈を解析しキーワード検索された時に良質な検索結果を提供出来るように全てのウェブページを批評するように作れれています。





今回は、検索サイトフレンドリーなウェブページ製作のファーストステップとしてキーワードの正しい使い方についてお話していきます。





あなたがまずやるべき事はキーワードの選定です。

情報を探しているヴィジターがキーワード検索した時に、あなたのページが検索結果として1ページ目に表示されるようになる事が目標です。



キーワード調査ツールを使って、あなたが情報発信するテーマから連想される様々なキーワードを打ち込んで調査を開始して下さい。

月間どれくらいの検索数があるのか?何ページがインデックスされているか?





キーワードが決定したらウェブページの適切な場所に、そのキーワードを含めた形でウェブページを作成します。





1:タイトルタグ



ウェブページのタイトルを記述する為のタグです。ウェブブラウザで表示した時に一番上の青いバーの所に表示されるページ名の部分です。

このページ名に「キーワード」を使った形でタイトル名を作成して下さい。



例:決定したキーワードが「集客」だとします。



タイトル「ネット集客術キックスタート3ステップ」 こんな具合です。





2:見出し



ウェブページの見出し部分にキーワードを含めて下さい。



例:集客術キックスタートStep1



h1タグは一番大きな見出し1を記述するものです。体裁が整わない場合はh2,h3タグを使って少し小さめな見出しにして全体のバランスを整えて下さい。





3:リンク



あなたのページから別ドメインの外部のページにリンクしている事をアウトバウンドリンクと言います。



アウトバウンドリンクの中にキーワードが含まれていると「キーワード」についての情報発信ハブとして検索エンジンから評価されます。

つまりヴィジターが求めている有益な情報が含まれている可能性が高いというふうに検索エンジンから見られる事になります。



例:集客ノウハウ総合情報サイトはこちら







このように、タイトル、見出し、リンクの部分に「キーワード」を含める事で、他のウェブページよりもあなたのページが重要レビューされる確率が格段に高くなります。
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

サイトマップがオンラインビジネスをどのように向上させるか

検索サイト最適化(検索エンジン対策検索エンジン最適化)についてはさまざまな意見があります。

多くのWeb制作者たちは、実のところ、オンライン業界の“約束の地”へたどり着くための鍵はSEOにあると見ています。

何といっても、ウェブサイトトラフィックの80%は検索サイトからの誘導です。

80%というデータは、決して無視できない大きな数値です。

このパーセンテージを獲得すれば、それが何であろうと、あなたのオンラインビジネスがWebで成功する確率はかなり高くなります。





そして、その検索エンジンに“気に入られる”ための方法がSEO対策なのです。

SEO対策は実にさまざまです。 私たちのほとんどは、キーワード、キーワード密度、キーワード位置について知っています。

わたしたちの多くは、アーティクルを定期的に更新することの必要性、バックリンクバックリンク)の重要性、リンクポピュラリティの本質を理解しています。





しかし、時代が変われば、検索エンジンの要件も変わります。

現在、最も新しい要件は何でしょうか。サイトマップです。







「サイトマップの概要とその役割」



サイトマップを理解するには、まずXMLを理解する必要があります。

XML(Extensible Markup Language)は、特定のコンテンツをさまざまな受け手に配信できるようにするためのプログラミング言語です。

RSSや、2年前からのブログブームを支えているのがこのXMLです。





サイトマップは、XMLで製作されたWebサイトのマップです。

ウェブサイトのすべてのページとそのサブページで構成され、可能であれば、各エントリの説明も含まれます。



これが複雑なトラブルだと思うようなら、Coffee CupやXsiteをはじめとする、今日のほとんどのHTML編集プログラムには、サイトマップを自動的に作成するための機能が備わっていることを覚えておいてください。







サイトマップは、ウェブサイトでどのように役立つのでしょうか。 答えは2つあります。



1.トラフィック者がウェブサイト内を閲覧する際の道しるべとなります。

探している情報がなかなか見つからない場合は、サイトマップを手がかりにして目的の情報を探してもらうことができます。





2.もっと重要な点があります。サイトマップを使って一度インデックスを設定しておけば、世界で最も広く利用されている検索サイトGoogleによって、ウェブサイトのすべてのページが巡回されます。

また、新しい記事を公開するたびに、検索エンジンスパイダーへ即座に通知することができます。







「複雑そうに見えて、 実はいたってシンプル」



サイトマップはXMLが基盤になっているので、そのアーティクルを最も重要な関係者、つまりGoogleに配信されます。

サイトマップがあれば、あなたのウェブサイト検索エンジンスパイダースパイダー)が簡単に見つけることができます。

また、新しい記事を公開したとき、それをすぐに検索エンジンへ通知できます。



実際、サイトマップは、検索エンジンクローラー検索エンジンロボット)に課せられているジョブを実行します。

その分、検索エンジン側では負担が軽減されます。







「その結果は?」



インデックス処理が高速になり、使用者は、どのページおよびどのアーティクルを分類すべきかをより制御できるようになります。

事実上、サイトマップは、検索エンジンの結果で上位を獲得するためのより効率的なプロセスを提供します。







「サイトマップの生成



前述したように、サイトマップはこの時代に絶対不可欠なものであるという事実を受け、最近のほとんどのHTMLエディターにはサイトマップ生成機能が備わっています。



Googleは、ウェブサイトにサイトマップを含めることを奨励しており、公式サイトマップ・ジェネレータを提供するサービスを行っています。このジェネレータは以下のリンクで入手できます。



https://www.google.com/webmasters/sitemaps/docs/ja/about.html





もちろん、オンラインで無料で配布されている、その他のサイトマップジェネレータを使用してもかまいません。

これらのジェネレータはコードのみを生成するので、インストールの必要はありません。

生成されたコードをコピーして、ソースコードに貼り付けてください。



Googleでは、これらの無償サイトマップジェネレータ用にディレクトリを用意しています。

よろしければ、以下のサービスも試してみてください。



http://code.google.com/sm_thirdparty.html
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

キラーヘッドラインを作成するための7つのヒント

「表紙を見ただけは、その本の善し悪しは決して判断できない」と言いながらも、実際には表紙だけで判断しまうことがあります。

しゃれた表紙、とりわけ想像力をかき立てるタイトルを見かけると、気持ちがわくわくし、つい財布のひもをゆるめてしまいます。



映画についても同じことが言えます。

その後、レビューでの評判がよくなかったとしても、タイトルが優れていれば、それだけで数百万のチケットを売り上げてしまいます。



デジタル製品の場合も同様です。



ここでいうデジタル製品とは、アーティクルアーティクル)、eBook、特殊なレポート、セールスページ、さらにはオンラインマガジンを指しています。

これらはすべて文書であり、それを目にした人々が思わず読んでみたくなるような、魅力的なフレーズやメッセージを使う必要があります。



たとえば、この記事のタイトルについて考えてみましょう。

売り上げを伸ばすのも、電子メールの開封率をアップするのも、アーティクルを最後まで読んでみたいと思わせるのも、すべてタイトルしだいです。

ビジネス・メッセージや営業活動では、タイトルが大きな威力を発揮します。



タイトルの書き方にはちょっとしたノウハウがあります。

このノウハウを習得して、文書や販売促進に取り入れれば、大きな手助けになることでしょう。





ここでは、最適なタイトルを考案するための7つの秘訣を紹介しましょう。



1.定型のタイトルを利用する。

時代を超え、世界中の数え切れないコピーライターに利用されているタイトルがあります。その効果が既に実証されているこれらのタイトルは、基本のフレーズはそのままに、それぞれの製品にあわせて多少変更を加えた形で利用されています。迷ったときは、こうした定型のタイトルを取り入れてみましょう。あとは、扱っている製品に合わせて表現を少し修正するだけですみます。たとえば、定番のタイトルには次のようなものがあります。



_________の秘密

長年の研究の結果、___________する方法がついに明らかになりました!

どうして___________________なんだろう、と不思議に思ったことはありませんか?





2.常に関連性を考慮する。

どのような場合でも、タイトルは、取り扱い製品の特長に関連していなければなりません。注目してほしいのは、単なる冷やかし客ではなく、売り上げに直結する見込客です。実際には取り扱っていない製品やサービスを、あたかも提供しているかのような印象を与えてはなりません。





3.簡潔に表現する。

少なくともタイトルでは、字数の多い単語を使用しないでください。簡潔で発音しやすい語句を選んでください。読み手は、タイトルを心の中で音読します。発音しにくい語句が含まれていると、利用者は興味を失い、次の項目に移ってしまいます。





4.好奇心を刺激する。

好奇心は、非常に大きな動機付け要因です。利用者の感情を揺り動かすようなタイトルを考案してください。読み手に問いかけたり、衝撃的なメッセージを投げかけたり、意外な統計データを提示したり。読み手が、思わずその先を知りたくなるような工夫が必要です。





5.欲求を抱かせる。

冒頭のタイトルで、思わず行動したくなるような気にさせる必要があります。そのためには、行動を促すきっかけを提示して、読み手の所有欲を刺激することです。たとえば、“不安”や“心配”といった感情に訴えるのも1つの方法ですし、“期待”させるのも効果的です。同様に、虚栄心を刺激する方法もあります。





6.目的を見失わない。

最終的な目的は売り上げを増やすことです。気の利いたタイトルが思い浮かんだら、ちょっと考えてみてください。そのタイトルは、本当に売り上げ増加に役立つでしょうか?



7.タイトルをテストする。

魅力的なタイトルだと思っても、それを読んだ相手が実際に製品を注文してくれるとは限りません。タイトルを作成したら、その効果をテストしてみましょう。現在、さまざまな追跡ツールが用意されています。生成したタイトルを実際に利用者がクリックして、メッセージを読んでくれるかどうかを確認してください。効果がなければ、タイトルを見直す必要があります。
posted by パンプキン at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ・アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
パンプキンのメルマガ登録はコチラから!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

track feed

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。